top of page

【バスタオル】肌触り、ふわふわ、吸水性。バスタオルにこだわり、心も体もスッキリ!

こんにちは!関東の花粉のピークは、3月がスギ花粉で4月がヒノキ花粉だそうです。今でもすごい鼻水やくしゃみが出るのにまだ2か月もピークが続くとなるとまだまだマスクは外せないですね。外出時の花粉対策として眼鏡は効果的のようです。また髪をまとめたり、帽子や手袋もいいようです。家に入るときはコートや体についた花粉を振り払ってから入るようにしましょう!


今回は「バスタオル」についてご紹介します。皆さんはバスタオルはどんなものを使っていますか?実際どこでも売っているタオルですが、吸水性や肌触りを求めるといいものがたくさんあります。せっかく綺麗な身体になったのにしっかり拭き取れなかったら気持ちが悪いですよね。そこで今回は「バスタオル」をご紹介します!自分にピッタリのバスタオルを見つけてみてください。また、ギフトにも人気の「バスタオル」なので、お世話になっている人に贈ってみてもいいですね♪


目次


バスタオルの選び方


どれも同じようにも見えるバスタオルですが、実際には素材によってさまざまな違いがあります。商品を紹介する前に、その選び方のコツを紹介します。


速乾性を重視したバスタオル


速く乾くバスタオルを探している人におすすめの素材は、次の3つです。


マイクロファイバー

ガーゼ生地

ワッフル生地


近年人気のマイクロファイバーは、吸水性が高いのに速乾性があります。ポリエステルやナイロンを特殊加工した極めて細い合成繊維で、独特の肌触りなのも特徴です。


天然の素材から選ぶなら、ガーゼ生地とワッフル生地がよいでしょう。ガーゼ生地は薄手で乾きやすく、使い込むほど肌なじみがよくなります。ワッフル生地は表面が凸凹していて肌に張りつく感じがなく、サラッと使えます。


ふわっとした肌触りを重視したバスタオル


肌触りの良さを優先してバスタオルを選ぶなら、次の2つの素材がおすすめです。


パイル生地

シャーリング生地

パイル生地は、表面をよく見ると糸がリング状になっている生地です。タオル用の生地としては定番なので、ピンとくる人も多いはずです。シャーリング生地は、パイル生地のリングになった部分を刈ったものです。


どちらも吸水性・保湿性が高く、肌触りが柔らかいのが特徴です。使っているコットン(綿)が柔らかくなればなるほど、より肌触りの良さが活きてきます。


長持ち・耐久性を重視したバスタオル


とにかく長く使える耐久性の高いバスタオルを探しているなら、「ホテル仕様」をキーワードに探すことをおすすめします。この「ホテル仕様」というのは本来、洗濯を重ねてたくさんの人が使っても風合いや質感が変わりづらい、耐久性の高い業務用タオルのことを指します。


素材はコットンのパイル生地であることがほとんどで、コットンには高級なものが使われています。価格も高めですが、長く使えることを考えれば割高感は感じないはずです。


ブランドを重視したバスタオル


大切な人へのギフトなどの贈答品としてバスタオルを選ぶなら、ブランドにもこだわりたいもの。日本では、愛媛県今治市や大阪南部の泉州地域などでバスタオルの生産が明治時代より盛んで、現在もそれぞれ「今治タオル」「泉州タオル」としてブランドを確立しています。ちなみに「今治タオル」と「泉州タオル」の違いは、一般的に色を糸の段階から染めるのが「今治タオル」の特徴で、織ってからまとめて染めるのが「泉州タオル」の特徴になります。

これらのブランドタオルは、独自のブランド認定制度や業界標準を超える厳しい検査基準を設けることでそのブランド力を確立してきました。また、近年は欧米の高級バスタオルメーカーの製品も、通販で手に入るようになっています。これらは贈答品としてはもちろんですが、高品質だからこそ、むしろ普段使いにおすすめしたいところでもあります。


おすすめタオル




手掴みのコットンを使用しているため、安心な使い心地です。さらにコットンの繊維が細いので柔らかい生地です。水に溶ける糸を使った世界初の特殊撚糸工法で繊維の間にたっぷりと空気を含む糸です。そのため糸の中に隙間ができ、吸水力に優れふんわり感を維持できます。



見た目の美しさにこだわった高級タオルです。じっくり手間ひまをかけた特殊な技法により、最高の肌触り、ふわふわ感、高い吸水性といった強い機能性。むらなくタオルとしての美しい見た目もこだわっています。高級旅館やホテル、有名百貨店でも使われてるようです。



高級素材を使い、軽く撚り合わせた2本の糸をパイルに使用し、たっぷりとしたボリュームに織り上げているため、肌触りが柔らかで吸水性にも優れています。しなやかさ、やわらかさとリッチなボリューム感が特徴です。ギフトとして贈ったら喜んでもらえること間違いなし!


まとめ


いかがでしたでしょうか?バスタオルは長持ちすれば、長く使っていたいものです。ちょっと高級のものを使用すれば、肌触りがよく、気持ちのいい状態で体を拭くことができます。また、誕生日や記念日に渡すものに困ったらバスタオルをプレゼントするのもいいですね!なかなか自分で買う事は少ないので、きっと喜んでもらえるでしょう!





バスタイムを楽しみたい方はこちらもチェック↓

Comentarios


bottom of page