top of page

いちご鼻とはおさらば!いちご鼻の原因とは?効果的なスキンケア方法をご紹介



みなさん!暖かくなってきて外に出る機会が増えてくる季節ですね。

そしてそろそろマスク着用の緩和が始まりますが、賛成ですか?反対ですか?


マスクを外すと、鼻や口周りのメイクもちゃんとしないといけなくなりますね。

その際に気になることの1つが「いちご鼻」です。

いちご鼻を隠すために化粧を厚くする方も少なくないと思います。

今回はそのイチゴ鼻に関して、原因と効果的なスキンケア方法をご紹介しようと思います。



そういえばマイナンバーカードの申請が本日までということで、役所の窓口は凄い混んでいるそうですよ。

みなさんは申請をしましたか?

前々から申請期限をお伝えしていたのに、突然すぎる!といって怒っている人もいるそうです…役所の人も大変ですね…






目次







いちご鼻の種類



ご存じですか?いちご鼻にはいくつか種類があるんです。


角栓つまりタイプのいちご鼻

毛穴に詰まった角栓が酸化し黒ずみ、ポツポツといちごの種のように目立っている状態です。


特長

・鼻や小鼻、あごを触るとザラつきが気になる

・毛穴に白や黒のポツポツした物が詰まっている

・落ちにくいファンデーションやメイクアイテムを愛用している

・肌のテカリやベタつきが気になる


メラニンタイプのいちご鼻

毛穴の入口部分の皮膚がリング状に色素沈着を起こし、黒く目立っている状態です。

通称「毛穴ジミ」とも言います。


特長

・肌を触るとザラザラしない

・角栓を取っても黒ずみがある

・無理に角栓を除去するような毛穴ケアを行っている

・日焼け止めを忘れがち



角栓というのは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって固まったものです。

最初は白色の角栓ですが、毛穴の中に長期間とどまり紫外線などの影響で酸化して黒く変色していきます。

これがいちご鼻の原因になります!

一度いちご鼻になってしまうと、クレンジングや洗顔を普段通り行っただけでは、なかなか改善することができません。

また、過度なクレンジングや洗顔は角質を硬く厚くする原因となり、毛穴の出口が塞がれてしまうため毛穴が余計に詰まりやすくなってしまい、いちご鼻の原因になります!

「Tゾーン」といわれる鼻から額にかけての部位は皮脂腺が多くあり、皮脂が多く分泌されます。このTゾーンのテカリや毛穴の開きをカバーするために、毛穴を埋めるような下地を使ったり、ファンデーションを厚く塗ったりすることもあるかと思いますが、それらは毛穴を塞ぐことになるので、さらに角栓が出来ていちご鼻が悪化してしまいます。


角栓が原因のいちご鼻に悩む方は、メイクの落とし忘れにも気をつけたほうがよいでしょう。

帰宅したらすぐに、クレンジング・洗顔をして、化粧やほこりや汚れた皮脂を落とします。これを心がけるだけで、角栓が出来づらくなり、いちご鼻の改善が期待できます。

ただし、洗顔・クレンジングをしすぎることも良くありません。 本来必要な角質に含まれる保湿成分まで洗い落とすことで余計に皮脂が分泌されてしまう危険がありますので注意してください。

角栓のケアは正しい方法で行わないと、いちご鼻が余計に悪化してしまうのです!


毛穴入口部分の色素沈着が原因のメラニンタイプのいちご鼻に悩む方は、皮脂の酸化や紫外線ダメージ、日常的な皮膚への摩擦などの外的刺激が原因になります。

紫外線対策を怠ったり、肌を擦るようなスキンケアを日常的に行っていると、黒ずみが悪化してしまいます。

また、角栓をピンセットや爪で無理やり取るケアにも注意が必要です。

毎日拡大鏡で毛穴をチェックするような美意識の高い人ほど、毛穴を触りすぎて色素沈着を招き、毛穴の黒ずみを悪化させる傾向があります。





いちご鼻の日常ケアで気を付けること


では日常生活のいちご鼻ケアはどうすればいいのか…


1.帰宅後はメイクを早めに落とす

2.メイク落としシートは使わない

3.洗顔はこすらず、正しい洗顔で行うようにする

4.スキンケアを忘れずに行う


メイクや汚れた皮脂は帰宅後に、なるべく早く落としましょう。

必ず洗顔料と合わせてダブル洗顔をするようにしましょう。

メイク落としシートは摩擦で肌にダメージを与えてしまい、いちご鼻を悪化させる可能性がありますのでちんとした方法でクレンジングを行いましょう。


洗顔後にべたつくのを嫌い、化粧水だけで軽めのスキンケアを行っているとすぐに乾燥してしまい、肌が皮脂で乾燥を補おうと、皮脂を余計に分泌させます。

そうするとせっかく洗顔をしたのに意味がありません。

いちご鼻を悪化させないためには、たっぷり化粧水で保湿した後、ゲルや乳液などの保護アイテムを使用し、軽い油膜で蓋をすることが大切です。




いちご鼻の効果的な治し方


いちご鼻の治し方には、自宅でケアをする方法と、美容皮膚科で治療する方法の2種類があります。

通院が難しい方は、自宅で正しいケアを行うだけでも改善が期待できますが、より効果を求める方・ひどいいちご鼻でお悩みの方は美容皮膚科での治療をおすすめします。 また、通院や自宅でのケア以外に、普段の生活習慣の見直しも行いましょう。

規則正しい生活・バランスの良い食事・タバコやアルコールを控える・ストレスをためない・運動を心がけるなどしてください。

いちご鼻改善のためには、健やかな肌を保つ生活習慣が必要です。正しい生活習慣を身につけるためにも、できるところから少しずつ始めてみてください。

いちご鼻を治すためには、生活習慣以上にスキンケアや日常のお手入れの見直しが必要です。

もし自分で調べても分からない!限界という方は美容皮膚科でアドバイスをしてもらってください♪

自分に合ったいちご鼻の治し方を見つけてくれるので、専門家の意見を取り入れることも大事ですよ。





自宅でのいちご鼻ケア方法


美容皮膚科で治療をしてもらえば、症状が良くなるのは当たり前ですが、自宅でもできる効果的ないちご鼻のケア方法をお伝えします♪

覚えておいていただきたいのが、いちご鼻の自宅ケアで一番大事なことは、洗顔と保湿です!


洗顔のケア方法

大前提として、毎日行う洗顔はしっかりと泡立てる、優しく洗い摩擦を与えない、ぬるま湯ですすぐという細かいポイントを意識してください。


1.手をしっかりと洗う

2.洗顔料を泡立てる

3.皮脂が多い部分から洗い始める

4.ぬるま湯で20回以上すすぐ

5.タオルは清潔なもので顔を拭く

6.洗顔後に保湿を早めに行う


まずは手が汚れた状態では、洗顔料が泡立ちませんのでしっかりと洗い、洗顔ネットなどを利用して細かい泡を作りましょう。

そして皮脂が多いTゾーン(顔の額の横線と鼻筋の縦線を結んだ部分)などから優しく洗いましょう。このときの注意点がゴシゴシ洗うのではなく、泡を転がす様に顔を洗ってください。時間は30秒~40秒ほどが良いですよ。

そのあと、34℃~36℃くらいのぬるま湯で、しっかりと洗顔が落ちるように20回ほどすすいでください。

最後にタオルで優しく抑えるように顔を拭き、保湿ケアを行うようにしてください。



保湿のケア方法

保湿が大事といっても、化粧水をたっぷりつけて満足してはいけません。

化粧水の上からしっかり蓋をするように保湿ケアアイテムの使用をオススメします♪

美容皮膚科では治療に効果的なスキンケア商品を開発していますので、活用するとさらに効果が高まりますよ!

また、化粧水をつける際は、コットンでの摩擦をさけるためハンドプレスにしたほうがいいです。


メラニンタイプのいちご鼻には、メラニン生成を抑制するビタミンCなど美白効果のある成分が配合されている化粧水が有効なのでお試しください♪





まとめ


いちご鼻でお悩みのみなさんのお悩み解決になれば嬉しいです♪

また、美容皮膚科では

角栓除去

ピーリング

レーザー治療

イオン導入

オリジナル治療薬による治療

サプリメント・化粧品による治療

などさまざまな治療方法があります!もし、美容皮膚科で治療をする場合には、ちゃんとカウンセリングをして、自分に合った治療をしましょう。


そしてつるつるの肌を手に入れて、心もきれいにして、素敵な毎日を過ごしましょう♪



◆併せて読みたい記事◆

Comments


bottom of page