top of page

【ヘアミルク】美容師さんもサロンで使うヘアミルク!その特徴とは?

こんにちは!毎日のヘアケアは、冬の乾燥する時期には非常に大切です。そこで役立つ便利アイテムが「ヘアミルク」です。スタイリング剤として使うこともでき、べたつかず、軽めの仕上がりも魅力です。洗い流さないトリートメントとして代表なのがヘアオイルとヘアミルクです。どちらも熱や摩擦などのダメージから髪を守り、手触りの良い状態をキープすることができます。へオイルとの違いも含め、ヘアミルクをご紹介していきます。あなたの髪質に合ったヘアミルクを見つけてみてください。







目次


ヘアミルクとは?


ヘアミルクは、スキンケアで例えると乳液のような役割を果たします。洗い流さなくてよいトリートメントタイプです。油分と水分のバランスが程よく、髪の内側まで成分を浸透させ、髪表面に油分の膜を作ることで、指通りが良くなり、適度なツヤのサラサラ髪に仕上げるアイテムです。


ヘアオイルとの違いは?


【ヘアオイル】


まずはヘアオイルについて見てみましょう。ヘアオイルは油分を主成分として、髪に水分や油分を補い保つ効果があります。髪にまとまりが欲しい時や乾燥ケア、ヘアセット、スタイリングと、その使い方は多岐にわたります。

最近ではメンズヘアオイルなど、女性だけでなく男性からも広く支持されています。

保湿や乾燥ケアだけでなく、ヘアオイルを使うことにより髪には様々なメリットがあります。

具体的にどんな効果があるのでしょうか。


保湿効果

ヘアオイルにより髪表面をコーティングすることで、髪内部に水分を閉じ込め、乾燥やダメージによる髪のパサつきを抑えます。ブリーチやパーマ等でのダメージヘアの保湿にも良いでしょう。


毛髪保護効果

髪ダメージの大きな原因はドライヤーやヘアアイロンによる熱、夏の強い紫外線や冬の乾燥、ホコリなどです。

ヘアオイルにはそうした外的ダメージから髪を保護する効果があります。


毛髪補修効果

ヘアオイルに含まれる毛髪補修成分により、髪のダメージを補修してくれます。

髪のパサパサが気になる方にもおすすめです。


髪悩みに働きかけ質感UP

ヘアオイルにより髪にうるおいとツヤを与えることで、くせ毛やうねり、ハリコシなどの髪の悩みを軽減します。

しっとりとまとまりのある質感へと導きサラサラな指通りに。


スタイリング効果

ヘアオイルを使ったスタイリングは、ヘアワックスやスプレーでのスタイリングよりも、より自然な仕上がりにできます。適度なまとまりと束感を表現できるため、サロンでの仕上げにも多く使われています。


リラックス効果

ヘアオイルの中には、香りを楽しめるものも多くあります。オーガニックなどのやさしい香りにより心身が安定するなど、香りを楽しむヘアフレグランスとしても使えますね。


【ヘアミルク】


ヘアミルクの特徴です。ヘアミルクは効果として

「保湿性に優れ、しっとり仕上げる」

「髪に与える柔らかさ、しなやかさ」

「髪の補修をサポート」

主にこの3つの効果をもたらします。


保湿性に優れ、しっとり仕上げる

ヘアミルクは、水分量を多く含み保湿性に優れています。

ハイダメージを負い毛先がパサつきやすい人や、乾燥による広がりが気になる人に適しています。

乾燥を抑え保湿することで、髪のまとまりが改善しやすくなり、扱いやすい髪になります。

また、仕上がりは軽く、髪が重くずっしりするわけではないので、ボリュームに悩む人にも使いやすいです。


髪に与える柔らかさ、しなやかさ

髪の中に水分が不足していると、髪が硬い・ゴワゴワするといった質感に困らされます。

水分を多く含んだヘアミルクによって、髪にうるおいを与え、元の状態よりやわらかくしっとりとした質感に仕上がりやすくなります。

カラーやパーマなどで痛んだ髪・ヘアアイロンによる熱でダメージを負った髪・元々髪が硬い人には最適です。


髪の補修をサポート

髪をコーティングしダメージを防ぐヘアオイルと違い、ヘアミルクは負ってしまったダメージを補修することが目的。補修成分が髪へ浸透し、内側・外側の両面から髪を強くしなやかな状態に整えてくれます。



要するにこんな違い!



「髪表面」をコーティングするヘアオイル

ヘアオイルは表面を覆いコーティングすることで、髪の外側から水分を閉じ込める役割があります。

スキンケアで言う、化粧水のようなもの。

コーティングはもちろん、なめらかな指通りになり、パサパサして広がりやすい髪のボリュームも抑えられる効果があります。


ヘアオイルが向いている髪質

髪が太い、硬毛、ダメージヘア、くせ毛やうねりが気になる人


「髪内部」に入り水分を与えるヘアミルク

ヘアミルクは髪内部に入り髪の補修やトリートメント効果が期待できるアイテム。

髪の内側に水分を与え保湿効果を高める乳液のようなもので、髪のパサつきや乾燥が気になる人もおすすめです。

また、ヘアミルクで保湿し、その後ヘアオイルで水分にフタをするなど、ヘアミルクとヘアオイルを併用することで、高いトリートメント効果が期待できます。


ヘアミルクが向いている髪質

髪が細い、軟毛、髪のボリュームを出したい人



おすすめヘアミルク





まとまりやすく整えるトリートメント美容液。オーガニック植物油(ホホバ・アルガン・オリーブ)が髪に芯から潤いを与えます。植物由来のヒートプロテクト成分(クランベアビシニカ種子油フィトステロールエステルズ)がヘアアイロンなどの熱ダメージから髪を守ります。サラっと軽い使用感でもしっとり潤い、手ざわりの良い髪に。スタイリング剤としても使えます。





オリーブ果実からごくわずかしか採取できない高純度のオリーブスクワランやホワイトバーチウォーターなどの保湿成分を配合。必須アミノ酸を含むたんぱく質豊富なボタニカルマイクロプロテインが髪の内側までダメージを補修して、パサつきや枝毛、髪のうねりや広がりなどを整えます。香りのラインナップも豊富。





こだわりの植物成分に、パンテノールなどの機能性成分を合わせたバランスのいい処方が特徴。こっくりしたミルクが毛先までパックし、かたくなった髪を内部まで補修します。なめらかで軽い仕上がりです!動くたびに高級感のある香りが広がります。触ったときのやわらかさが他とは明らかに違い、サラサラヘアーに。


まとめ


痛んだ髪の補修や保湿が得意なヘアミルクは、まず髪質や理想の質感などにあわせて、油分量の異なる「しっとり」と「さらさら」を選ぶとよいでしょう!そのうえでプラスαの成分や好みの香りかどうかをチェックすれば、お気に入りの1本に出会いやすくなるでしょう。

薬局でも気軽に購入できるので、足を運んでみてください!


bottom of page