top of page

【ネイルアート】気分ルンルン♪


犯人はすでに逮捕されましたが、市議会議長の長男だったそうです。犯行の動機は取り調べ中とのことですが、家庭環境と犯行の動機が気になりますね。いつ何が起こるかわからない時代になってきました。安心できる世の中はいつになったら来るのでしょうか。人間関係のトラブルがよくありますが、悩みや不安があるときは必ず誰かに相談してみてください!

吐き出すだけでも少しは心がスッキリしますよ!ため込むのは良くありません。


今回は「ネイルアート」についてご紹介します!皆さんネイルを楽しんでいますか?

ネイルは好きだけど、普通のネイルとネイルアートの違いがよくわからない!そんな方もいるのではないでしょうか?ネイルは個性を出すことができるので、周りの友達に褒められたら嬉しいですよね。ネイルアートをしてみたいけど、どんなものか詳しく知りたい方の為にネイルアートとはどのようなものかを紹介していきます!



目次


ネイルアートとは


ネイルアートは、ただ単に爪にマニキュアやジェルを1色塗るだけではなく、ストーンやホログラムをのせてみたり、カラフルな模様や絵を描いたり…。いわば、指の爪をキャンバスに見立てアート感覚で自由にデザインするものです。グラデーション、マーブル、フレンチ、3Dアートなど、その手法は様々。ネイルサロンには、ハロウィンやクリスマスのような季節のイベントをテーマにしたデザインをはじめ、オフィス向けのシンプルなものから、キャラクターを取り入れた個性的なデザインまでサンプルも豊富。ぜひネイリストさんと相談してお洒落なアートを楽しみましょう。セルフでネイルアートに挑戦したい人は、シールを活用するのがおすすめです。デザインの幅は無限大!1色塗りに+α手を加えればアート完成です!


必要な道具は?


セルフネイルを楽しむ場合は、ネイルポリッシュ(マニキュア)を単色で塗ることが多いですね。ネイルアートを楽しむためには、ネイルポリッシュ以外にこのような道具があると便利です。


・ブラシ

ネイルを塗り分けたり、絵を描いたりするには、ネイルポリッシュに付属のブラシではなかなか難しいもの。スクエアタイプ(四角い筆)やポイントタイプ(細い筆)があると便利です。


・マスキングテープ

フレンチネイルなど、くっきり塗り分けたい時にあると便利なマスキングテープ。ストライプやボーダーラインなども作ることができますよ。


・爪楊枝または竹串

細かい模様を作ったり、ドットや細い線を描きたい時にあると便利なのが爪楊枝。筆だと毛先がぶれてしまってうまく描けないという人も、爪楊枝なら使いやすいかもしれません。


・ピンセット

ラインストーンやホログラムを貼る時に使います。先が細く、しっかり掴めるものを選びましょう。


ネイルアートの魅力


とにかく可愛くて楽しいです。オリジナルのデザインを身に付けて気分も癒されます。

人に褒められたり喜ばれることが多いです。

自分でやればネイル代の大幅な節約にもなります。ネイルチップ販売やサロン開店も夢ではありません。


おすすめのネイルアイテム


シャイニージェル



カラーや柄など幅広く選んで身に付けることができます。

リリカラーやネオカラー、レトロネイル等の特集もありますので、参考にしてみてください。


グランジェ



引用:グランジェ


キレイな仕上がりに必要最低限のシンプルな手順とアイテム数。はじめてでも迷いなく手軽に扱えます。時間・場所がない方、主婦や働く女性でも、すきま時間でオンできるほどスピーディに硬化。サイドテーブル程度のスペースでOKです。


ミチネイル


引用:ミチネイル


フラワーネイルや天然石ネイルなど毎週ランキングでネイルチップが更新されます。

デザインの参考にもなるのでお勧めです。お好きなネイルチップを見つけてみましょう!


まとめ


いかがでしたでしょうか?

ネイルアートは、爪に色んな装飾をし、ベースカラーを塗った上に自分好みのアートを乗せて楽めます。

その時の気分や、季節を取り入れたり、色んなシーンに対応できるネイルアート。

一言にネイルアートといっても、その種類は様々で、数えきれない程、年々新しいアートが生れています。

オリジナル感を出して、お気に入りのネイルアートをしましょう!


ネイルのお手入れは?こちらもチェック!

bottom of page